Q&A - よくあるご質問 -

SMT工程の検査について DIP工程の検査について その他生産工程について
question
DIP後に他社の外観検査機を使用して部品の有無、極性を確認しています。特に青色のフィルムコンデンサやセラミックコンデンサの検査で虚報が多発しており、製造部から「なんとか改善してほしい」という依頼がありました。LADYBIRDでは、このような部品の検査で虚報は発生しないでしょうか?
answer
青色のコンデンサの場合、どうしても照明の色が部品に写り込んでしまいます。その為、最初に基準色の登録をする際に、大きい枠で登録をしてしまうと、基準色が照明の色を含んだものになり、検査が不安定になってしまいます。そこで、DIP専用外観検査装置のLADYBIRDの場合は、基準色を登録する際に他の色が混ざらないように、まず小さい枠で青色のみを抽出した後、範囲を広げて検査枠を設定します。そうすることにより、安定して検査ができ、虚報は殆ど発生しません。