Q&A - よくあるご質問 -

SMT工程の検査について DIP工程の検査について その他生産工程について
question
SMT工程と同じメーカーの外観検査機をDIP工程でも使用して部品面(誤挿入)の検査をしています。SMT工程で使用する時よりも虚報が多く発生してしまい、直行率がなかなか良くなりません。DIP専用外観検査機とSMT向け外観検査機の違いはどこにあるのでしょうか?
answer
DIP部品は高低差がある為、SMT向け外観検査装置で一般的に使用しているカメラでは、背の高い部品の画像がボケてしまい、それが虚報の原因になっています。またスプレーフラクサーの前で検査する場合、まだはんだ付けされていない為、装置の振動によって部品が動いてしまい、それが原因で虚報が発生してしまいます。その為、弊社ではSMT工程とDIP工程で検査装置を分けることをお勧めしています。各メーカー(S社、M社、R社、M社)の最新装置を調査した比較表をお送りしますので参考にして下さい。